たにクリニック

広島市安芸区船越 内視鏡・経鼻内視鏡(胃カメラ)の「たにクリニック」

かかりつけ医として地域のみなさまに支えられ50年 胃がんなどの早期発見・早期治療をモットーに内視鏡検査をおこなっています

EPARKネット予約

 

初診受付サービス

 

たにクリニック

内科 消化器内科
外科(物理療法) 放射線科
内視鏡(経鼻内視鏡)検査

月・火・水・金曜日 9:00~18:30
木・土曜日 9:00~13:00
昼休み:13:00~15:00
(火曜日のみ13:00~16:00)
休診日:日・祝日、木・土曜の午後
往診いたします。

〒736-0082
広島県広島市安芸区船越南2-1-11
駐車場有り:9台
バス:広電・芸陽バス   
    船越町停留所前
電車:山陽本線・呉線   
    海田市駅下車徒歩10分

アクセスMAP

 

たにクリニック

 

EPARK
HOME»  骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症ってどんな病気?

 骨粗しょう症は、骨がスカスカになって弱くなり骨折しやすくなる病気です。
 骨粗しょう症になっても最初は何の症状もありませんが、そのうち腰などが痛くなったり曲がったりしてきます。骨折を起こして寝たきりになる原因にもなります。最近は寿命が延び高齢者人口が増えてきたため、特に問題になってきています。
 閉経期以降の女性や高年齢の男性に多く見られますが、若い人でもカルシウム不足や運動不足、過度のダイエット、ステロイド剤の服用などの影響により発症することもあります。骨粗しょう症になってから治療するのは大変です。日頃から予防を心がけることが大切な病気です。

 

骨粗しょう症の検査

 骨粗しょう症は、症状で進行具合を判断することは難しく、機器で骨量を測定することで診断します。
 測定方法にはいろいろな種類がありますが、いずれも苦痛がなく、短時間で安全に行えます。
 当院では、前腕をレントゲン撮影しレントゲン写真から骨量を測定します(右の写真)。
 検査結果はすぐにわかります。診断基準は次のとおりです。

 

骨粗しょう症の検査

 

骨量(一般成人の骨量を100%とする)

80~100% 正常
70~80% 骨量減少脆弱性骨折、レントゲンで骨粗しょう症の変化がある→骨粗しょう症
70%未満 骨粗しょう症

 

骨粗しょう症の治療

薬物療法・食事療法・運動療法が3つの柱となります。

■薬物療法
 骨量を増加・維持させる薬を服用します。最近では週に1回の内服でよい薬もあります。

■食事療法
 骨の材料となるカルシウムと、カルシウムの吸収を手助けするビタミンDを含む食事を摂ることが中心となります。

■運動療法
 運動することにより、骨量を維持し、また転倒の予防にもなります。ウォーキングや水中歩行などの軽い運動がおすすめです。