物理療法案内

  • HOME
  • 物理療法案内

物理療法

物理療法は、電気や熱、超音波やマッサージなどを用いた治療法です。
肩こり、腰痛、肩・ひざなどの関節痛、冷え性などの症状に効果的です。
当院ではさまざまな種類の物理療法の治療機器をご用意しています。ご利用については、お気軽にスタッフにご相談ください。

高電位治療器『エスカレスト』

高電位治療器『エスカレスト』

エスカレストは体に高い電位(17,000Vp)を通電することによって、イオン効果と恒常性を高める治療器であり、不定愁訴の改善に適用されます。
毎日継続して通電していただくことが効果的です。
特に、頭痛・肩こり・慢性便秘・不眠症に関して効果が認められています。

マッサージ器(ローラータイプ)

マッサージ器(ローラータイプ)

背中をローラーでマッサージすることにより、全身の柔軟性を回復させ、全身の運動機能・神経機能の回復を促進させます。首・腰などの牽引も行えます。
プログラムにより内臓の機能を活発にする効果も期待できます。

マッサージ器(ウォーターベッドタイプ)

マッサージ器(ウォーターベッドタイプ)

水圧により全身のマッサージを行います。ウォーターベッドタイプだから、腰が曲がっている方にも気持ちよくお使いいただけます。

低周波治療器

低周波治療器

周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。
干渉低周波治療法では、不快感を感じることなく、効果的に治療部位に電気刺激を与えられます。

高周波治療器

高周波治療器

体の奥までとどきやすい高周波により、体内の深部を活性化させ、筋肉痛、関節痛などの症状をやわらげます。
治療後も効果が長続きします。

近赤外線治療器

近赤外線治療器

レーザー照射によって、筋肉や関節の痛みをやわらげます。
首の星状神経節に照射することにより、ブロック注射と同様の効果が得られ、花粉症や気管支喘息の症状緩和、耳鳴りの症状緩和などの効果が期待できます。

温熱治療器1

温熱治療器1

遠赤外線により血液の循環を改善し、神経や内臓の働きを活発にします。神経痛やリウマチ、冷え性、便秘、肩こり、腰痛、更年期障害、肥満症、自律神経失調症などに効果があります。

温熱治療器2

温熱治療器2

パラフィン(石ろう)を使用した温熱治療器具です。
皮下組織や筋をゆっくりと温めることにより、血液循環が促進され、筋の可動範囲の改善や、筋力増強に効果が期待できます。腱鞘炎、関節炎、筋肉痛、筋肉麻痺、神経痛、リウマチ、骨折後の血行改善などに効果的です。

温熱治療器3(ホットリズミー)

温熱治療器3

患部を温める治療器です。温めることにより血流を増加させ、筋肉などの組織を柔らかくして動かしやすくしたり、痛みを軽減する効果があります。

マイクロカレント・超音波複合治療器(アクロトーン)

マイクロカレント・超音波複合治療器(アクロトーン)

微弱な電流が傷んだ組織を修復し、慢性期だけでなく急性期の痛みにも効果が期待できます。

キセノン光治療器

キセノン光治療器

体の深部までとどきやすいキセノン光による治療器です。
痛みをやわらげたり、傷の治りを早くするなど数多くの作用が報告されています。